2007年 07月 02日 ( 1 )
渋谷の映画館へ行こう!
皆さん、ユーロスペースに行ったことはありますか?
ご存じの人も多いかもしれませんが・・・少しご紹介します。

82年に渋谷にオープンしたユーロスペースは
レオス・カラックスやアッバス・キアロスタミ、カウリスマキ、
ラース・フォントリアーなど、ジャンルや国籍に捕われない
作家性のある映画監督を紹介してきた<ミニシアター>です。

90年代には、増村保造、小沼勝、中平康、加藤泰など
日本映画の昔の名作を特集したり、2000年以降は
「運命じゃない人」(内田けんじ監督)
「バーバー吉野」(荻上直子監督)
「14歳」(高橋泉脚本と廣末哲万監督)
など
これから日本映画で期待される“映画の原石”を
継続的に取り上げています。

そして「Wiz/Out」
25年間渋谷に拠点を置いたこの「ユーロスペース」
お披露目となります。





ここに「Wiz/Out」の写真があります
f0143311_16151589.jpg
誰もいない東京、誰もいない渋谷って、想像つきますでしょうか?

毎日の生活をおくる中で、ふとそんな世界に迷い込んでしまったら・・・
非現実的なのに、どこかリアルな感覚を
同じ渋谷の映画館で体験できます。

映画を見終わった後、不思議な感覚と余韻の中で
渋谷の街を歩けるのではないでしょうか。
ぜひ映画館のスクリーンでご覧下さい。

[PR]
by yukihiro_yamashi | 2007-07-02 00:50